SDGsについて|大型シルクスクリーン印刷、大型インクジェット出力、塗画(手書き)|有限会社大蔵プロセス

082-842-0841
受付時間9:00〜18:00/定休日無し
MENU

SDGsについて

大蔵プロセスのSDGsへの取り組みについて
大蔵プロセスでは事業活動を通して
SDGs達成に向け取り組んでいます。

SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

大蔵プロセスは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に賛同し、
その達成に向けて、事業・活動に取り組みます。

大蔵プロセスの主な取り組み
大蔵プロセスでは、事業活動を通して、以下の14ゴールに対し
組織・事業・経営の革新をはかり、社会的役割を誠実に果たすとともに、
SDGsの達成に向けて取り組んでいきます。
SDGs取組事例紹介
大蔵プロセスでは、事業・原料・取扱商品に対しても
目標達成のために取り組んでいます。
防炎ECOターポリン
これまでのターポリンの難点を解消しSDGsに対応した地球に優しいECOなターポリンを使用しています。RPF(リサイクル固形燃料)などへ、サーマルリサイクルが可能なターポリンです。また、軽量なため輸送時の燃料消費が軽減され、排気ガスの削減、輸送コストが軽減されます。
最新プリンター設備・
作業効率化への機械化
最新プリンター設備を導入して、作業効率化を図るとともに 製造にかかるエネルギーを低減し、働き方の改革もおこなっています。 使用している、インクはRoHS指令の基準に対応したものや、GREENGURAD Gold(グリーンガード認証取得インク)を使用しています。
発電設備について
太陽光発電による自社発電所の運営を行っており、自社工場屋上と3ヶ所の太陽光発電所の運営で、自社消費電力量以上の再生可能エネルギーを創り出しています。 (年間発電量 約350,000kwh)
寄付について
大蔵プロセスでは毎年、国連児童基金(ユニセフ)、 国境なき医師団への寄付を継続して行っております。
印刷コストを見直しませんか?
大蔵プロセスでは、インクジェット出力・シルクスクリーン印刷・塗画(手書き)の手法の中で
ベストなものを選択し、優れたコストパフォーマンスと長年の経験で培ったプロの技術で
お客様に納得していただける商品のご提案をさせていただきます