加工設備|大型シルクスクリーン印刷、大型インクジェット出力、塗画(手書き)|有限会社大蔵プロセス

082-842-0841
受付時間9:00〜18:00/定休日無し
MENU

設備一覧

大型印刷に強い印刷設備のご紹介です

加工設備

加工

ミシン加工

弊社では、工業用ミシンを使い周囲の縫製等を行います。基本的には2本針での縫製を行い、ハトメの部分の補強も兼ねて周囲の折り返りを多くとります。糸も基本は白糸を使いますがデザインに応じて近似色の糸を使う事もあります

ウェルダー加工

ウェルダー加工とは、高周波で熱を加えることで塩ビ同士を接着するという加工方法です
主に、タペストリー・バナーの袋加工やハトメ部分の三角補強などの加工に用います。また、大きなサイズの幕を製作する場合もウェルダーで生地を繋ぎあわせていきます。
周囲の折り返り加工もお客様のご要望に応じて、ウェルダー加工にて行う事も可能です。

ハトメ打ち加工

取付用のひも等を通す為ハトメ加工も行います。弊社では基本的に(#25)(#28)のハトメをメインとして使います
こちらの2種類のハトメに関しては、機械打ちにて行います
他にも小さなサイズから大きなサイズまで取り揃えておりますが、手打ちでの対応になるため若干のコストがかかります

ラミネート加工

弊社では塩ビメディア(糊付)へのインクジェット出力後に、ラミネート加工を行います。
UVカットのラミネートをかける事で、紫外線によるインクの退色とキズを防ぐ効果があります。
ターポリンにも液体ラミネートをかける事が可能です。
液体ラミネートは刷毛塗りでの対応になりますが、こちらもインクの退色と塩ビの劣化を防ぐ効果があります。
3年以上の長期耐候を求められる場合に、別途費用にて対応致します。

協力加工会社

弊社は、広島県テント工業組合に加盟しており短納期対応を内製加工で行い、それ以外は協力工場としてテント組合の加盟会社様にて縫製加工をお願いしております。
長年の経験と知識に裏付けされた技術力で、単純縫製から様々な加工品まで対応致します。

加工設備(内製設備)

※横スクロールで続きが表示されます
設備名   台数
MITSUBISHI社製 工業ミシン(2本針) 2台
パール工業社製 足踏みウェルダー 2台
SINCLAIR社製 トライアド 自走型コテ式溶着機 1台
元木工業製 ハトメ打機(#25・#28) 2台
リンテック社製 ラミネーター機 LAGLA 1400RSC(1400mm) 2台
印刷コストを見直しませんか?
大蔵プロセスでは、インクジェット出力・シルクスクリーン印刷・塗画(手書き)の手法の中で
ベストなものを選択し、優れたコストパフォーマンスと長年の経験で培ったプロの技術で
お客様に納得していただける商品のご提案をさせていただきます